集客用ブログを選ぶなら、コレがおススメ!

投稿日:

インターネットで集客したい

インターネットを活用して集客や売上アップを図ろうとするならば、ブログ記事を書くことをおススメします。

ブログ記事は、あなたがお客さんにとって有用な情報を提供すればするほど、あなたのビジネスにおける生産性を高めてくれる優秀な集客資産となってくれるでしょう。

さて、ブログを使って記事を更新していく方法には、大きくわけて2つあります。

1つは、無料のブログサービスを利用して記事を更新していく方法、

もう1つは、自社でブログシステムを構築し、運営していく方法です。

どちらの方法にも、それぞれメリット・デメリットがあります。

もしあなたが本格的にビジネスでブログを活用しようと思うのならば、自社でブログシステムを構築することを推奨します。

なぜ自社でブログシステムを構築することを勧めるのか?

後述する、「無料ブログ」「自社(有料)ブログ」のそれぞれのメリット・デメリットの説明を通じて理解していただければと思います。

1.無料ブログサービスを利用する場合のメリット・デメリット

無料で利用できるブログサービスは、たくさんの会社が提供しています。

代表的な無料ブログサービスとしては、

・ameba blog

・livedoor blog

・はてなブログ

・FC2ブログ

などがあります。

無料ブログサービスのメリット

メリット1 すぐにブログをはじめられる

無料ブログサービスは、最低限の必要な情報を登録さえすれば、誰でも簡単にブログサイトを開設できます。

基本的に難しい知識は必要ありません。

各サービス会社のブログ開設用ページから必要事項を指示に従って入力していくだけで、すぐにブログを始めることができます。

メリット2 費用がかからない

無料ブログサービスという名の通り、基本的に費用はかかりません。

単純にブログを開設して、サービスを利用するというだけであれば、コストゼロで運用することができます。

こちらも無料ブログサービスの大きなメリットの1つですね。

メリット3 アクセスが集めやすい

例えば、これはアメブロ(ameba blog)が分かりやすいです。

無料ブログサービスは、すでに利用者数が多く、それぞれにサービス独自のコミュニティがたくさんあります。

そこで読者登録などの独自機能を使うことにより、ブログを始めたばかりでもアクセスを集めやすい環境があります。

無料ブログサービスのデメリット

デメリット1 アカウントが削除される可能性がある

無料ブログは、せっかく地道にブログを書き続けていても、一瞬で全て消えてしまうという恐ろしいリスクがあります。

意図的でなくても、ブログサービスの規約に違反した場合や、ブログサービスそのものが終了する場合などは、アカウントが無効になってしまいます。

これは、無料でブログサービスを利用させてもらっている以上、止むを得ない条件です。

デメリット2 カスタマイズに制限がある

ブログサイトにこだわった仕様を求めないのであれば、無料ブログサービスで十分です。

デザイン面に関しては、ブログサービス各社で様々なテンプレートが用意されているので、多少は好みのデザインにすることも可能です。

しかしながら機能面においては、ほぼ自由度がありません。

デメリット3 広告が掲載される

当たり前のことですが、無料ブログサービスを利用する側は無料でも、運営する側はコストがかかっています。

そのコストはどこから出ているのかというと、サービス利用者に広告を見せることにより広告主から収入を得て、その収入の中からブログサービス運営費に充てています。

広告を載せないという設定もできますが、その時には有料サービスを利用することになります。

デメリット4. 独自ドメインが使えない

独自ドメインとは◯◯◯.comのようなURLの◯◯◯の部分のことです。

インターネット上でのあなたの住所のようなものです。

独自ドメインを利用できないとどのようなデメリットあるのでしょうか?

・ウェブサイトそのもののオリジナル性を構築できない。

・独自ドメインに比べてSEO効果が弱くなる。

などとビジネスで利用する場合には、軽視できないデメリットです。

2.自社でブログシステムを構築する場合のメリット・デメリット

あなたのビジネスにおいて、本格的に集客用ブログを運営したいと思う場合には、WordPressというシステムを使って、自社でブログを構築していくことをおススメします。

WordPressは自社で好みのブログを構築することができるシステムのことです。

WordPressを使うメリット

メリット1. 拡張性が高い

デザイン、機能面共に拡張性が非常に高いです。
多少の知識は必要になってきますが、多方面で活用の幅が広がります。

機能面については、世界中の開発者がプラグインと呼ばれる拡張機能を開発してくれています。

そのプラグインを使うことにより、WEBの専門知識がなくても様々な機能を追加することができます。

メリット2. 世界標準のシステムである

WordPressは、世界中で使われているオープンソースのシステムです。

世界中の開発者が日々、便利なプラグインを開発したり、システムのバージョンアップを繰り返したりしています。

利便性においては、現在のところWordPressより勝るものはないでしょう。

メリット3. SEOに強い

集客を目的としたブログサイトを構築・運営するという場合において、検索エンジン対策(SEO)に強いかどうかはとても重要な要素です。

この点について、Google検索の責任者である方が、SEOにおけるWordPressの有用性を認めていますので安心ではないでしょうか。

メリット4 簡単に更新できる

ブログは、マメに更新することが大切です。

WordPressを使ったブログシステムであれば、更新作業も簡単にできるようになっています。

更新作業が簡単であれば、ブログを継続することも苦になりませんし、何よりもお客さんにとって役に立つ記事を書くことに専念できます。

WordPressのデメリット

デメリット1 お金がかかる

WordPressのシステムそのものは、無料で利用できます。

しかし、そのWordPressシステムをインストールするためのサーバーと独自ドメインの取得に費用がかかります。

費用については、サーバー自体はレンタルサーバーを利用すれば月数百円〜千円程度、ドメインも年間数百円〜数千円程度です。

合わせて年間1万円程度ですから、ビジネス利用目的という点で考えれば、ローコストで運用できるといっても良いのではないでしょうか。

デメリット2 システム導入の難易度が高い

WordPressを使ってブログシステムを構築するためには、多少の知識が必要です。

もちろんWordPressの初心者向けの本で勉強したり、ネットで調べたりしてWordPressの設置の仕方について学ぶのも一つの手です。

しかし、ここでは多少の費用を払ってでも専門家に依頼することをオススメします。

なぜならWordPressの勉強に時間を費やすよりも、記事を書くことに専念し、集客用のサイトとして更新をしていったほうが早く成果につながるからです。

集客目的のブログはWordPressをおススメします!

ちなみに、このブログサイトもWordPressで作成しています。

先程も書きましたが、ブログシステムを自分自身で構築することも可能ですが、知識も時間も必要です。

経営者であるあなたは、このシステムを使ってどのように集客をしようか、どのような記事が見込客に役立つ情報なのか、などを考える時間が大切です。

時間を有効に使うためにも、多少の費用を支払ってでも制作業者に依頼した方が得策です。

あなたの目的はWordPressでブログサイトを作れるようになることではなく、ブログ記事をより多くの見込客に見つけてもらい、読んでもらうことです。

執筆者プロフィール

坂田 兼一

坂田 兼一

会計事務所勤務時から100社以上の財務分析、事業計画作成セミナーや資金繰りアドバイスなどを実施。しかしながら中小企業経営者が現実に直面している課題の多くは、資金繰りのこと以前に「販売不振」であることが原因であり、現在は集客や売上アップのサポートを主軸に置いている。八王子や多摩地区を中心に、小さな会社の経営者、個人事業主や店舗経営者を対象に、3ヶ月・3ステップで集客や売上の課題を改善させることを得意としている。

» 詳しいプロフィールを見る

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『集客用ブログを選ぶなら、コレがおススメ!』の前後の投稿はこちら▼