お客さんがリピートしてくれない2つの理由

投稿日:

売上をあげたい

「いや~今日は美味しかった。また来ますね!」と笑顔でお店を後にしたお客さんが、その後さっぱり、、、

「本当は美味しくなかったのかな?」「値段が高いと思われたかな?」「サービスが悪かったのかな?」

あなたはこのような不安を抱え、今度こそリピートしてもらえるようにと、日々、商品やサービスの改善、技術の向上に励んでいませんか?

率直に言って、そんな事をしてもリピーターは増えません。

では、なぜお客さんは再来店してくれないのか?

リピートしない理由は2つ

ある調査の統計で、お客さんがリピートしない理由の第1位が「何となく」だったそうです。

「何となく」という理由を掘り下げて考えてみると、2つの理由が考えられます。

それは、

1.お客さんが、お店を忘れてしまうから

2.お客さんが、お店に再来店する理由やきっかけがないから

ということです。

お客さんが初めてに来店した時に、お店に対して何らかの不満を感じたわけでなければ、再来店しない理由は、この2つの理由がほとんどであると言っていいでしょう。

ここで、ご自身のことを少し考えてみてください。

あなたは、1 週間前のお昼ご飯は何を食べたか覚えていますか?

すぐに、答えの出てくる人は少ないはずです。

あなた自身が忘れやすいように、お客さんも忘れやすいのです。

おそらくあなたは、この話を聞くまで、1週間前くらいに行ったお店のことなんて、思い出そうとすらしていなかったのではないでしょうか?

例えば、あなたが気に入っているお店がいくつかあると思いますが、最近そのお店に行っていますか?

利用しているお店もあれば、「最近、行ってないな~」というお店もあるはずです。

では、なぜその店には行っていないのでしょうか?

「仕事が忙しかったから」とか「特に行くきっかけがなかった」、「そもそも別に行かなかった理由なんてない」「ん~何となく、、、」といった感じだと思います。

ですからお客さんも、あなたが考えたようなことと 全く同じように考えているわけです。

と言うことは、お店側から何もしないでいると、お客さんの気まぐれに、お店の売上を委ねているということになります。

あなたの会社やお店は、それでやっていけますか?

リピート対策として重要なこと

せっかく、一度お店に来てもらったお客さんを、一度きりで終わらせるなんてもったいないと思いませんか?

「では、どうすれば再来店してくれるのか?」

答えは、すごくシンプルです。

リピートしない理由が分かっているのであれば、

1.お店のことを思い出してもらうこと

2.再来店するための理由やきっかけを与え続けること

この2つです。

この2つの対策をしていくことで、1度の来店で終わっていたお客さんを2回目、3回目の再来店に繋げることができるようになります。

特に3回目の購入、再来店をしてくれたお客は、その後のリピート率が安定するというデータもあります。

ですから、初回の来店から3回目のリピートまでは、特に頑張っていきたいところです。

リピート率が安定してくると、売上の予測もできるようなり、お店の経営も安定してきます。

新規客の集客も大切ですが、再来店客の対策も非常に重要です!

あなたの会社やお店では、

お客さんに忘れられないために、何をしますか?

また、再購入、再来店をしてもらうために、どのようなきっかけを作ることができますか?

執筆者プロフィール

坂田 兼一

坂田 兼一

会計事務所勤務時から100社以上の財務分析、事業計画作成セミナーや資金繰りアドバイスなどを実施。しかしながら中小企業経営者が現実に直面している課題の多くは、資金繰りのこと以前に「販売不振」であることが原因であり、現在は集客や売上アップのサポートを主軸に置いている。八王子や多摩地区を中心に、小さな会社の経営者、個人事業主や店舗経営者を対象に、3ヶ月・3ステップで集客や売上の課題を改善させることを得意としている。

» 詳しいプロフィールを見る

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『お客さんがリピートしてくれない2つの理由』の前後の投稿はこちら▼